図解 西洋魔術大全 単行本 西洋魔術の正体と真髄を知る! 召喚魔術、典礼魔術、自然魔術、ドルイド魔術、魔法陣、五芒星、ソロモン王、マーリン 豊富な図版とイラストで詳細に解説!

<魔術の歴史と変遷>
人類が誕生したころから、魔術というものは存在していた。 長い時間をかけて変化していった魔術は、今では娯楽のなかにも頻繁に登場している。

■人類とともにあった魔術

魔術と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
ほうきにまたがって空を飛ぶ魔女、地面に描いた幾何学模様の図形からこの世ならざるものを呼び出す老人、はたまた制服の上からマントを羽織った少年少女が小型の杖を振るっている姿かもしれません。
痛みのある場所に手をかざし「痛いの痛いの飛んでいけ」と唱えるおまじないも魔術の仲間といっていいでしょう。

こうした魔術ははるか昔からありました。狩猟民族が豊猟を祈り、動物に扮して倒される様子を演じたり、動物の内臓や骨、天体を用いた占いなどが行なわれていました。また、古代エジプトのミイラづくりも、死者の復活という魔術的要素があったことは想像に難くありません。

いわゆる呪いも古代からありました。人形を作ってそれを傷つけたり、爪や髪の毛など体の一部を燃やすなどして、対象を傷つけようとしたのです。紀元前1700年ごろに制定された『ハンムラビ法典』には、「他者に呪いをかけた者は、死をもって償わせる」という文言があり、少なくともこのころには呪いの概念が充分に広まっていたことが伺えます。

やがて、各地に文明が発生し、宗教や哲学といったものも生まれていきます。
魔術はこうしたものや、ほかの地域の文化などが流入することで変化、発展していきました。
とくに西洋の魔術は、各地の古代宗教やエジプトで発生した錬金術、天体を見て占う占星術、ヨーロッパ各地に広まったキリスト教など、多種多様な影響を受けています。

created by Rinker
¥891 (2024/02/24 12:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

~もくじ~
第1章 世界の魔術史
第2章 私たちと魔術の関わり
第3章 魔術の種類
第4章 魔術に関連する人物
第5章 魔術関連付録

「魔術」と「呪い」は、歴史的・宗教学的な観点から広く研究されているテーマの一つです。以下では、それぞれの定義や歴史的な背景、宗教的な観点からの考察について解説します。

【魔術】

「魔術」とは、一般的には超自然的な力を使って、自分や他人の運命をコントロールすることを指します。これは、古代から現代まで様々な文化圏で見られる現象であり、魔女や呪術師、巫女などが魔法を使って病気の治療や呪いの解除、悪霊の追放などを行ってきました。しかし、魔術には実際に効果があるという科学的根拠はありません。

歴史的には、魔術は古代エジプトやメソポタミア、ギリシャ、ローマなどの古代文明においても一般的な宗教的・社会的な実践でした。また、中世ヨーロッパにおいては、キリスト教会が魔女狩りを行って魔女とされた人々を処刑するという暗黒時代がありました。現代でも、一部の人々が魔術を信じていることがありますが、科学的根拠がないため、健康に悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

【呪い】

「呪い」とは、他人に対して悪意を持って超自然的な力で災いを与えることを指します。これは、魔法や魔術と似たようなものですが、魔法や魔術が肯定的な効果をもたらすことを目的としているのに対して、呪いは負の効果をもたらすことが目的です。

歴史的には、呪いは古代エジプトや古代ローマなどの古代文明でも行われており、神や神話的な存在に対しても呪いがかけられることがありました。また、キリスト教では、呪いは禁じられていることがあり、罪深い行為とされています。

宗教的な観点から見ると、魔術や呪いは、神や聖書などの教義