ビジュアル図鑑 魔導書の歴史 世界の魔術を解き明かす、まさに魔法の教科書!!呪文、護符、呪いなど、自らの欲望を実現させるために、悪魔、天使、霊などを操る技法が描かれた魔導書。

古代エジプトの呪文書から、19〜20世紀初頭の魔術文学、現代のコミックまでを網羅!
魔術史研究の第一人者が「魔術」の歴史を徹底的に紐解く!

[本書の特色]
1.魔導書の歴史を網羅した、初めてのビジュアル図鑑。貴重な実物写真250点収録。
2.西洋だけでなく、アジア、中東、アフリカ、南米など、数千年にわたる世界の魔導書を解説。
3.魔導書の歴史とともに、筆記や記録方法、印刷の発展史もわかる。
4.日本の妖怪(第4章)や、マンガ、アニメ(第6章)も紹介。
5.原書はビジュアルに定評のあるイギリスのクオルト社、アメリカ版は名門イエール大学出版局から刊行。

created by Rinker
河出書房新社
¥6,490 (2024/05/30 06:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、中世から近世にかけての「魔導書」と呼ばれる魔術の書物の歴史を、豊富な図版とともに解説した一冊です。著者は○○○○(著者名)という、神秘主義の歴史に詳しい研究者です。

本書では、魔導書の起源から発展過程、さまざまな魔術の種類、著名な魔術師や魔導書の実例などが紹介されています。たとえば有名な「マール手稿」の解説ページでは、その書物の意味や描かれたシンボルの解釈などが詳しく記載されています。

一方で、実際の魔術の手順や呪文の言葉などは引用されていません。ただし、魔導書に描かれた不気味な挿絵や、珍しい文字や魔法陣のイラストが豊富に掲載されており、中世の魔術文化に思いを馳せることができます。

向学心の強い読者向けに、丁寧で分かりやすい解説がなされており、魔術ファンだけでなく、文化史に興味のある人にもおすすめの一冊です。