祭壇の作り方

2022年3月10日

◎祭壇の作り方

祭壇を作るには、それ専用の棚やテーブルが必要となる。他の用途と併用しては、ならない。祭壇は神聖な場所であり、神のエネルギーが降りてくる所だからである。祭壇にはキレイな白い布(なるべく自然素材のもの)を引き、上に四大元素を乗せる。四大元素とは「火」「地」「風(空気)」「水」の元素の事であり、この世のものはすべて、この4つの元素から成り立っていると言われている。

火 キャンドル
地 パワーストーン 石 鉱物など
風 お香やセージ、羽根など、風(空気の流れ)をイメージさせるもの
水 聖水(水道水やミネラルウォーターで良い)を聖杯に入れておく

魔術を行うときに使う道具も、祭壇の上に置いておく。
祭壇の下はダークサイド(悪の領域)となるため、神聖な魔術道具等は置いてはならない。
また、ペンタクル(☆)の形のものや十字架、天使の絵など好きなようにおいて構わないが、儀式の邪魔となるため多過ぎるのは考えものだ。

◎マジックサークル(魔法陣)の作り方

実際にマジックサークルを作る時に、大きな紙や難解なヘブライ文字を描く必要はない。魔術は想念の世界であり、目に見えるものではないからだ。だが、それは訓練とともに、現実のものとして感じ取れるようになるので、自分には魔術が起こせていないのでは? 所作を行っても意味がないのでは? などと言う心配はいらない。

サークルには出入り口が必要となる。その出入り口は、あなたの部屋の入口など、分かりやすい所に作るのが望ましい。これから何度も、そこから出入りする事になるからだ。言うまでもなく、掃除はきちんとしておくこと。
(1) 自分で指定した出入り口に立ち、自分の丹田(臍の下)で両手の親指と人差し指を合わせ、三角形を作る。その三角形の頂点(人差し指)を自分の体の方に向ける。
・そこから左右に手を広げ、目の前に指先で3回円を描く。
・その時に重要なのは、丹田の前とサークルの外側の円で、指先をきちんと合わせる事だ。
・大きさは自由に決めて良い。
・想念の世界であるから、あなたの中で○メートルと決めれば、その大きさで作る事が出来るが、部屋など限られた空間では、そこからはみ出さない程度の目視出来る大きさが好ましい。
(2) そして、右足から一歩後ろに下がる。
・先程まで立っていた場所に、マジックサークルの出入り口プラットフォームが出来る。
・これでマジックサークルが誕生した。
・たった今あなたは、マジックサークルから出た所だ。
・一度作ったマジックサークルは、永久にそこに存在し続ける。
・毎回初めから、何度も同じ場所に作る必要はない。
・マジックサークルは、ずっと大事に育て活性化させて欲しい。

【四大元素の儀式】 (マジックサークル作成後に)

・しばし目をつぶり、先ほど作ったマジックサークルのプラットフォームの左右に、光の柱が立っているとイメージする。
・その光の柱はとても長く、天からずっと地球の奥深くまで伸び、振動している。
・光の柱は、四大元素との繋がりを生む。
・イメージ出来たら、その光の柱を握り、右足からプラットフォームの上に立つ。(光の柱の振動はやがて感じるようになるので、握る真似をすれば良い)
・その時、腕を動かさないよう注意する。(動かしてしまうと、プラットフォームが動いてしまう。)
・もし動かしてしまったら、最初からマジックサークルを作り直せば良い。
・プラットフォームに乗ったら、腕は下げておく。
・くれぐれも腕を振り回したりして、柱を切らないように注意する事。
・その上で、軽く目を閉じ四大元素を呼び込む。
・「四大元素よ。降りてきてください。私(名前)をサポートしてください」
・声に出したほうがパワーは強力になる。
・このような宇宙のエネルギーを呼び込む儀式を行う事で、あなたの波動はどんどん高くなって行く。
・時間がある時には・・・
「四大元素よ。降りてきてください。私(名前)をサポートしてください」
「大地の元素よ。降りてきてください」
しばし瞑想。エネルギーを感じる。
「水の元素よ。降りてきてください」
しばし瞑想。エネルギーを感じる。
「風(空気)の元素よ。降りてきてください」
しばし瞑想。エネルギーを感じる。
「火の元素よ。降りてきてください。」
しばし瞑想。エネルギーを感じる。
・言葉はあなたの好きなように作り替えて構わないが、順番には意味があるので入れ替えてはならない。
クラウンチャクラ(頭頂部あたり)に、暖かいシャワーのようなエネルギーが降りてくるのを感じるであろう。(感じなくても、来ているので安心して欲しい)
・そして胸の前で合掌し、右足からサークルの中に入る。
・「神の意思のみによりマインドは動くものなり」と言う。
・サークルの中でリラックスし、瞑想や儀式を行う。

【呼び込みの儀式】 (四大元素の儀式の後に)

・サークルの中に入ったら、今度は天界のパワーを呼び込む。
(これから六芒星を作ります)
・両手の親指と人差し指を合わせ、へその下に逆三角形を作る。
・「私は( )です」と名前を言う。
・その三角形を、指先を付けた状態のまま頭上(斜め上)に向ける。
・「私は天界のパワーを呼び込みます」と言う。
・今、へその下の三角形と上の三角形を合わせ、六芒星が形作られた。
・そこから、宇宙のエネルギーがあなたに流れ込む。
(これから無限大のシンボルを描きます)
・空に向かって手のひらを合わせます。
・空に掲げた両手を離し、左右に円を描くようにし、手のひらを返しハートの前で手を重ねる。
・「私は宇宙のパワーを」
・今度はもう一つ下にも円を描くようにし、腰あたりでクロスさせ「呼び込みます」と言う。
・自分の目の前に無限大のシンボルが描かれた。
・手を左右に開き「光の子供たちのために」と言う。
*マジックサークルの中でなくとも、疲れた時や元気を出したい時など、いつ行なって構わない。

【マジックサークルを出る時】

・出る時は、入った時の逆をすれば良い。
・後ろ向きに(顔がサークルの中心を向いている状態)で、右足からプラットフォームに乗る。
・両足乗ったままの状態で合掌し「ありがとうございました」と会釈をし、今一歩後ろに下がる。
・これで出た事になる。
*今後マジックサークルの中に入る時は、光の柱を握り、プラットフォームに立つ所から始めれば良い。
*サークルの中で瞑想などをしている時に、何も知らない家族やペットなどが突然入ってきても、サークルは壊れる事はない。永久にそこに存在し続けるので、立ち去ってから、また継続すれば良い。サークルのエネルギーが乱れたと感じたら、お香などを焚くのも良い。
*途中、お手洗いに立つなど自由にして構わないが、出入り時にはなるべく合掌と会釈をし、決められた場所から出入りする事。
*サークルの中で寝てしまったり、出るのを忘れても、自然にパワーダウンし休憩モードとなるので、心配はいらない。
*サークル活性化中は、俗世の揉め事などは持ち込まないように努める事。

◆結界の張り方

・部屋などの室内に結界を張るには、まずは柱や梁、棚などの出っ張りは一切無視し、四角い空間に見立てる。
・これは、マジックサークルの中からやっても構わない。
・北側を向いて部屋の中央に立ち、胸の前で合掌し「私は(名前)は、ここを聖域化します」と言う。(言葉は変えても構わない)
・人差し指と中指を合わせ刀印を作る。
・北側の天井、左角から横に沿い①→②東→③南→④西の順番でなぞる。
・頭上に四角形が描かれる。
・今度は北側の床、左角から横に沿い①→②東→③南→④西へ繋ぎ四角を描く。
・足元に四角形が描かれる。
・両手をあげ「私は生命のサイクル。アーメン」と言う。

・再び北側を向き、壁の左下から上、続けて横に天井に沿って線を描く。
・今度は、左下の角から床に沿って線を描き、続けて上へと線を描く。
・目の前に、四角形の枠が描かれる。(a)
・東→南→西の壁も同じように四角形で縁取りをする。
・北側の壁に①左下から上部中央、②左下から右下、そのまま上部中央へ三角形を描く。(三角形は攻撃的な形であり、邪悪なものを跳ね除ける力がある)
・東→南→西→天井→床へと描いて行く。
・北側の壁に順番通り(a)に四角形を描く。(四角形は安定や定着のパワーを持ち、先ほど書いた三角形を守る働きをする)
・東→南→西→天井→床へと描いて行く。
・北側の壁に床側中央から左回りに円を描く。(円は調和や温和、愛などのパワーを持つ)
・東→南→西→天井→床へと描いて行く。
・両手を天に向け「私は生命のサイクル。アーメン」と言う。
・言葉はアレンジしても構わない。
「私はこの部屋を聖域化しました。邪悪な存在は入れません」など。

◎魔術を行う前の準備

① 手を洗う、入浴するなどして体を清める。

② 部屋の掃除をし、祭壇とマジックサークルを活性化させる。

③ 聖水を用意する。

④ キャンドルに火を灯し、部屋のエネルギーを浄化するため、セージかお香を焚いておく。

⑤ プラットフォームの左右にそびえる光の柱を握りながら、右足から立ち、四大元素のエネルギーを降ろす。

⑥ エネルギーを感じたら合掌し、右足からサークルの中に入る。

「神の意思のみによりマインドは動くものなり」と言う。

⑦ 呼び込みの儀式、結界、カバラクロスを行う。

しばし、場のエネルギーを感じリラックスしてから、魔術儀式に移る。

(マジックサークルを活性化させなくても行えるが、波動が高まっている場所で行った方が効果は高まる)

◆カバラクロス (邪気祓いの儀式)

・人差し指と中指を合わせ、刀印を作る。

・額に手を置き「アテ」と言う。

・鼠径部あたりに手を近づけ「マルクート」と言う。

・右肩に手を置き「ヴェ・ゲブラー」と言う。

・左肩に手を置き「ヴェ・ゲドゥラー」と言う。

・ハートの前で合掌し「レ・オリーム」と言う。

・両手を腰の左右に下ろし、手のひらを正面に向け「アーメン」と言う。

・目の前で十字架が形作られ、邪気が払えた。

*人ごみや環境の良くない所に行った時などに行うと良い。

◎魔術を行う前の準備

① 手を洗う、入浴するなどして体を清める。
② 部屋の掃除をし、祭壇とマジックサークルを活性化させる。
③ 聖水を用意する。
④ キャンドルに火を灯し、部屋のエネルギーを浄化するため、セージかお香を焚いておく。
⑤ プラットフォームの左右にそびえる光の柱を握りながら、右足から立ち、四大元素のエネルギーを降ろす。
⑥ エネルギーを感じたら合掌し、右足からサークルの中に入る。
「神の意思のみによりマインドは動くものなり」と言う。
⑦ 呼び込みの儀式、結界、カバラクロスを行う。
しばし、場のエネルギーを感じリラックスしてから、魔術儀式に移る。
(マジックサークルを活性化させなくても行えるが、波動が高まっている場所で行った方が効果は高まる)