必修魔術論: アレイスター・クロウリーと〈大いなる作業〉 本物の魔術を修めんとする、選ばれし者へ 『必修魔術論』は、魔術の古典であり、魔術の理論と実践に興味がある人にとって価値のあるリソース

人生の真意を探る鍛錬〈大いなる作業 magnum opus〉の真髄がここに――
現役魔術師による確かな経験と実践に基づく正統的理論書。クロウリーの魔術体系と伝説の聖典『法の書』に挑み、魔術師をめざす全ての者のための深遠なる基礎概論。

【目次】
序章
第1部 〈預言者666とセレマの黙示録〉
第1章 世紀末の獣 アレイスター・クロウリーの伝説
「黄金の夜明け」参入
東洋と西洋の秘儀研鑽「銀の星」団結成
「東方聖堂騎士団」参入
20 世紀最大の魔術師とトート・タロット
クロウリー以後の魔術界 オカルト・リバイバルとセレマの発展
第2章 『法の書』の啓示
『法の書』伝授とその背景
『法の書』の主要メッセージ
『法の書』とセレマイト
第3章 新時代(アイオン)の魔術とホルスの時代の秘儀参入
時代(アイオン)の概念と『法の書』以後の魔術的世界観の変革
「秘められた神」と「真の意志」
ホルスの時代(アイオン)と子供の術式
新時代(アイオン)の救世主と筆記者アレイスター・クロウリー
第4章 「銀の星」団と「東方聖堂騎士団」
「銀の星」団の魔術カリキュラム
「東方聖堂騎士団」の位階制度と中核的儀式「グノーシスのミサ」
21 世紀の「銀の星」団と「東方聖堂騎士団」
第5章 新時代(アイオン)の修業体系と「大いなる作業」
錬金術のセレマ的解釈
黒化 腐敗「聖守護天使の幻視」
白化 啓発「聖守護天使の知識と会話」
赤化 昇華「深淵横断」
第2部 〈戴冠する獣と魔法の杖〉
第1章 魔術の再生 実践的魔術の基礎
魔術の定義 その普遍的定義と新時アイオン代の定義
「黄金の夜明け」団の魔術と新時代(アイオン)の魔術の共通点と差異
実践魔術の代表的技法とその目的
第2章 アレイスター・クロウリーと儀式魔術
カバラと万物照応 『七七七の書』の活用、儀式魔術と霊視
クロウリーとゲマトリア セレマ魔術特有の用語とその数値的分析
新時代(アイオン)の魔法円と神殿 魔法武器とその象徴的意味
セレマの主要儀式一覧と解説
ホルスの時代(アイオン)の儀式魔術総括
第3章 アレイスター・クロウリーと神秘主義
クロウリーと8段階のヨーガ
『道徳経』『易経』―中国の体系の影響
仏教の影響―無我、四聖諦、八正道、涅槃
イスラム神秘主義とその影響
タントリズムとクロウリーの性魔術
第4章 魔術の実践的アプローチ
魔術実践のための基礎的考察―検討すべきポイント
初学者のための基礎訓練カリキュラム
ソロ魔術師と結社所属魔術師の相違点

created by Rinker
国書刊行会
¥4,620 (2024/07/12 22:03:30時点 Amazon調べ-詳細)

必修魔術論は、魔術師であり神秘主義者であるアレイスター・クロウリーによって書かれた魔術の理論と実践に関する本です。本書は 1930 年に最初に出版され、それ以来、魔術の古典となっています。

本書は 4 つの部分に分かれています。

  • 第一部分: 一般理論
  • 第二部分: 魔法の実践
  • 第三部分: 魔術の応用
  • 第四部分: 魔術の文献

第一部では、魔術の性質と目的、魔術師の役割について考察されています。第二部では、魔術の儀式や技術について説明されています。第三部では、魔術をさまざまな目的に応用する方法について説明されています。第四部では、魔術に関する参考文献のリストが示されています。

Liber ABA は魔術の包括的で権威ある研究であり、魔術の実践に興味を持つ人にとって貴重なリソースです。

この本は、魔術の包括的で権威ある研究であり、魔術の実践に興味を持つ人にとって貴重なリソースです。ただし、これは上級向けのテキストであり、魔術の基礎知識がある読者向けに書かれています。本書は危険なものであり、本書に記載されている儀式やテクニックを試みる前に、読者は魔術の潜在的なリスクを認識しておく必要があります。