鳥骨のメダニア「相手の怒りをやわらげる魔術」

汝もし、行動のさまたげとなるような相手の態度、汝に好意的なものに変えさせんと欲するならば、鳥の骨2本、呪符の書かれし木箱を作りて中に納めよ。
かくして浄められし骨を「ファロエ・ヴェズニエル・シュム・ザニルス・アガムニノン・パルエスム・シュム・シュム」と唱えながら、木箱のまま火に投ずるがよい。
相手の怒りやわらがん。

この呪法は、相手の態度を、あなたに好意的に変えさせるのに効果がある。
例えば、あなたと恋人との結婚を頭ごなしに両親から反対されたとき、この呪法を用いれば、両親は二人の結婚に理解をしめすようになるだろう。

用意するもの
鳥の骨 2本

図のような呪符の書かれた木箱を作り、その中に、2本の骨を納める。

こうすることで、骨は浄められ、ただの「鳥の骨」というのではなく、神聖な意味を持つものとなる。

それから「ファロエ・ヴェズニエル・シュム・ザニルス・アガムニノン・パルエスム・シュム・シュム」という呪文を唱えながら、骨の入った木箱を火の中に投じ、燃やしきる。

※使う骨は、肉屋などで買ってきたもので良い。足の骨が一番良いといわれている。
※木箱はどのようなものでもよいが、呪符は正確に描くこと。
※呪文をしっかりと憶え、唱える際には暗唱できるようにすること。
※骨が燃え尽きるまで、ていねいに焼くこと。