相手から連絡が欲しいとき 切り離された人形が戻ろうとする力を利用

真っ白で新品の和紙で人形(ひとがた)を作り(頭、両腕、両足のシンプルなもの)、朝一番の水で墨をすり、人形の右側に相手の名前、左側に自分の名前を筆で書く。

そして、
この人形を中央から2つに切り離す。
相手の名前を書いた方を部屋の北側、自分の名前を書いた方を部屋の南側にできるだけ高い位置でピンでとめ連絡が来るよう祈る。

人形が元に戻ろうとする力を、互いに引き合う北と南の磁力を利用して増幅ぞうふくさせる。
連絡が来たら2つの人形を必ず張り合わせて、きれいな川や海に流すこと。
連絡が来なかったら1か月後にもう一度、挑戦してみよう。