2020年という一年は、人類にとってどんな意味があったのか? 来年はどんな年になる?■2020年という年にコロナウィルスが起こった意味は?

運命プロデューサー、五次元覚醒セラピストとして20年近くも活動し、
数多くの人たちのカウンセリングを行なってきた畑田明愛栞(ハタダメアリ )。
今年8月からYouTubeでの動画発信も始め、
生き方や、持つべき意識の指標などを示している。
2020年という一年が、人類にとってどんな意味があるのか?
「意識」を研究するスペシャリストとして畑田明愛栞氏に話を聞いた。

2020年という年は、誰にとっても平等に困難な一年となりました。
なぜ、このようなことが起こったのだろう?と考えた方も、多かったと思います。
生きることや日常が当たり前ではなかったんだ、と気づくきっかけにもなったという方も、いらっしゃるでしょう。
また、生きるか死ぬかという大きな出来事だけでなく、不倫などの小さな不祥事から犯罪などの大きな問題まで、精算しなくてはならないような出来事が個々人に起こりやすくなっていると感じるニュースが日々、溢れていますよね。
今までの生き方を通して苦手なことや、ずっと目を背けてきたこと、蓋をしていたことなどと向き合わざるを得なくなっている…。
特に2020年の後半に、バタバタっと駆け込むように様々な精算をしている流れになっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心の開運100のヒント [ 畑田明愛栞 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/12/20時点)

楽天で購入

 

 

では何故、そんな流れになっているのか?
それは「アセンション」という言葉がキーとなります。

■アセンション(次元上昇)とは?

アセンションは、「アセンション」は「次元上昇」という意味で、地球や人類がより高い次元(3次元から5次元)に移行するということを表しています。
数年前から起こっている、地殻変動や異常気象、大型台風は、地球の波動をあげるための浄化作用と言われていて、私たちが生きている三次元の世界から、五次元という新たな意識領域に向かうと言われています。

私たちの生きる三次元の世界は、物質に重きを置く価値観の世界です。

それに対し、五次元の世界は精神的豊かさが主体となり、感謝と思いやりの気持ちで満たされた心で生きていける世界。

そんな五次元の意識に移行しようと言うのがアセンションなんです。

地球自体の浄化はだいぶ進んできているようですが、そこに住む人間の波動は重たいまま。

人間は肉体の中に入っているので、物質中心の考え方に偏ってしまうため、「意識」というものに、なかなか目が向かない。

その波動を軽くする「意識」に向かうためには、「気づき」が必要となります。

コロナウィルスによって、当たり前が当たり前ではなかったと感謝する。
一見、そんな他愛もないことが、実はとても重要なヒントなんです。

そもそも人類がなぜ、この世に生まれてきているのか?というと、
やはり「魂の成長」なんですよね。

そんな成長を促すために、様々な方法でその人に一番あった「お試し」がやってくる。
それがまさにアセンションへ向かうことの証拠なんです。

2012年から始まったとされるアセンションは、来年2021年の冬至には完全にゲートが閉じてしまうとされ、意識の二極化も加速していきます。

コロナウィルスは、私たち人類が気づきを得て、感謝と思いやりの意識を得るために起こっていると言えます。

覚醒の意識を具体的に言うと、当たり前のことって当たり前じゃなかったんだと気づくことや、生きることや死ぬことや、恨みや憎しみなどの感情を手放した、軽い周波数の意識です。

ですので有名人の方の不倫や、家族間の問題など今まで目を背けてこられた問題と、向き合わさせられ、カルマの精算をせざるを得ない状況になっているという流れになっているんですね。